文学夜話第4夜。「星の王子様」

 

 子供の時よりも、大人になるとわかってくる、という類の小説が、この世には、ある。その中でも「星の王子様」は特に筆頭として言及される有名な作品。子供のときはわからなかったけど、という出だしで星の王子様を語りはじめる人間は、雨後のたけのこのようにいる。みんな子供のときに星の王子に遭遇し、大人になるとなんとなくわかった、らしい。幸い、ボクはこの作品になんの思いれもない人生を歩んできたので、わからないもクソもなかったのだが。ところが最近、星の王子様を、はじめて読んで・・・驚いた・・・。オレ今、25歳なんだ。どう考えても大人である。
 さっぱりわからなかったのだ。ショックだった。おまえ読解力ないよな、とか、よく言われたりするんだけど。まさかこんな中学生向けの児童文学に敗北するとは思わなかった。まず・・・星の王子様。どんな話か。みんな知ってるだろうか。簡単に説明すると、パイロットの男の子が、星の王子様から「大人はクソ」という話を聞かされる話。もう全編にわたって大人への痛烈な批判が、人間関係における意味深な人生訓が散りばめられ、何十、何通りも解釈の余地が有る作品。幅広い層に親しまれている。
 星の王子様が、かつて、いろんな星をめぐって出会ってきた大人たち、あんな大人、こんな大人、「みんなクソだった」という小噺が今作の大きなハイライトなのだが、私ははっきり言って、この部分が、よくわかんないのだ。いまひとつ納得いかないというか。まず何を持って「クソ」と断言するのか。その判断基準が、大人は「大切なものが見えてない」のだという。友情とか、愛とか「目に見えないもの」が一番大切なんだよ。といことを訴えかけてくる星の王子様。だから主人公が忙しくしてる時なんかに、「そんなことよりもっと大事なものがあるんじゃない。ほら、見てごらん、花が綺麗だよ」とか言ってくるんだけど、まぁー、なんだろう。ベーシックにうざい。迷惑。あんまりうざいんで主人公が「うるせーあっちいけー」とか言うと、「もう知らない」とか言ってそっぽ向いて、しばらく黙ってたら、おい。王子様、さっきから何も喋ってないぞって王子様のほう見たら、「あ、王子様、泣いてる・・・」。もうね。はっきり言って。すごいめんどくさいよ。この異星人。
 この星の王子様的イデオロギーをすんなり受容できるかできないかで、この小説の印象は違ってくるんじゃないか。オレは正直、好きじゃなかったなぁ。だって残酷なんやもん王子様。いろんなおっさんがでてくるわけ。酒浸りだったり、王様気取りだったり、そういうおっさんたちを全部一括りにして「たいせつなことは目に見えないんだ」って価値観に沿って、断罪していく姿が、なんか妙に、かわいそうに見えてしまったんだ。大人たちが。
 あと星の王子様のケタ外れの自己中っぷりには本当にイライラした。なんか知らんけどこの異星人、こっちの質問に答えないしな。主人公が死にかけてる時に「ヒツジの絵書いて!」とかいってくるし、自分の思い通りに行かなかったら「泣く」し。全体的に説教くさい上に、他人の生き方とか、他人の価値観に寛容じゃないところとか、というか、そういう部分ってけっこう「大人的」じゃないかとすら思った。
 「大切なものは目に見えないんだ」とあんだけ言っておきながら、砂漠の中で必死に王子様が探してるのが「水」だし。それめっちゃ目に見えるやんけ・・・・。こういうことが気になっちゃうのはやっぱり僕が汚い大人になっちゃたのかな。よくわかりませんでした。

 

星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)