部屋が汚部屋すぎるので「片付けの魔法」で部屋を片付けてみた。

 25年生きてきて「自分の部屋は汚い」ことに、私は、この年になるまで、真剣に向き合おうとしてこなかった。かなり上等な汚部屋だ。と気づいたのは、ちょうど一年前、ブログに晒して「汚い」と言われた時。「部屋が汚い」ことを、私は、今まで、あまり真剣に受け入れてこなかった。無視することで正気を保ってきたのである。ところがここ数週間、なぜか息をするだけで、体がだるい。やる気がわかない。この精神的な怠慢は、この部屋に元凶があるんじゃないか。と最近思い始め、遂に危機感を感じ始めた。「よし、片付けよう!」と一旦は、思い切ってみるのだが、でも、やらない。めんどくさいんだ。私の辞書には「めんどくさい」という言葉しかない。
 そこで藁にもすがる思いで手にとった「片付けの魔法」という本を読んだのである。なんでもこの本を読めば一生、散らからない部屋になるという謳い文句に「まじか」と釣られた。タイム誌の影響力ランキングで(村上春樹につぎ)殿堂入りを果たした近藤麻理恵。彼女の「人生がときめく片付けの魔法」にかかってみたい。部屋を、片付けよう。と本を片手に意を決して立ち上がったのである。

 ここでさっそくみなさんに僕の部屋をご覧頂こう。

 あ、待って。汚いものが苦手な人は止めておこう。
 微妙に閲覧注意だよ。心の準備は出来た? さぁいくよ。

 

 

f:id:akitanakanisi:20170916031012j:plain

 

 どーん。

 

 

f:id:akitanakanisi:20170916031114j:plain

 

 なんか、もう絶望的に・・・・

 

 

f:id:akitanakanisi:20170916031227j:plain

 

 なにもときめかない部屋である。

 

 

f:id:akitanakanisi:20170916031307j:plain

 

 こぼれ落ちた本がそこらじゅうに散らばり・・・

 

 

f:id:akitanakanisi:20170916031529j:plain

 

 机の上に盛られた本が、絶望的な「詰んでる感」を漂わせ・・・。

 

f:id:akitanakanisi:20170916031634j:plain

 

 とにかく汚い。

 

 

f:id:akitanakanisi:20170916031717j:plain

 

 なんか、もう絶望的に将来性を感じさせない部屋である。

 

f:id:akitanakanisi:20170916032034j:plain

 

 片付けようと思って・・・・・・

 

 

f:id:akitanakanisi:20170916032139j:plain

 

 本棚を見渡しても・・・・・・

 

f:id:akitanakanisi:20170916032539j:plain

 

 すでに本を詰まっていて・・・

 

f:id:akitanakanisi:20170916032811j:plain

 

 なにも入る余地がない。

 

f:id:akitanakanisi:20170916032912j:plain

 

 さぁ。この部屋をどうしよう。

 

 とあまりの汚部屋に、為すすべもなく僕は立ちすくんだ。

 そこで、こんまり嬢の本を取った。

 
 こんまりの片付けプレセスは、恐ろしくシンプルである。
 「ときめく」モノだけ残そう
 これだけ。なんとシンプルな。じかに触れてみて「これはときめかない」と判断したら、即時、捨てないなさいと言うのである。

 わかった。さっそくやってみよう。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916033643j:plain

 

   赤だし。全然ときめかない。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916033934j:plain

 

   レンゲ。全然ときめかない。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916034347j:plain

 

 ダメだ。ときめかないものばかりだ。ときめかないものしかない。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916034510j:plain

 

 というかゴミとか以前に、この本をどうにかしないと何も始まらない気がする。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916034709j:plain

 

 しかし本は捨てられない。20代から必死に呼んできた本だ。

 

 愛着がある。読んでない積ん読本まである。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916034922j:plain

 

 

「読んでない本も捨ててください」とこんまり攘の本には書いてある。


 そんな殺生な・・・

 読んでない本を「いつか」読むことは二度とありませんから」と言うのだ。

 
 まあ、言われてみれば、そうかもしれない。ここは心を鬼にして捨てるしかない。

 ときめかない本をかたったぱしから捨てていくぞ。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916035827j:plain

 

  ベッキー。心のとびら・・・・・・。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916040030j:plain

 

 ベッキーのフォト格言集。ベッキーが芸能界で学んだ珠玉の格言がのってある。
 なんで買ったのか自分でもよくわからない。ときめかないから、捨てちまおう。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916040156j:plain

 

  五年ぶりに床を見た。床だ。なつかしい。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916040257j:plain

 

  太宰治もの思う葦

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916040420j:plain

 

 「文章のここを切ったらいいのか、迷ったときは、切ったほうがいい」という太宰治の名言が載ってある、文章家にはタメになる良い格言がのっていて片付けを忘れる。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916040630j:plain

 

 片付け始めて3時間経過。だが、一向に片付かない。本を読んでいたからだ。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916040848j:plain

 

 伝家の宝刀「掃除機」を持ち出す。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916041021j:plain

 

 この掃除機の登場で事態が揺れ動く。私の片付け魂に火がついたのだ。

 

 片付けから6時間経過。

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916041203j:plain

 

 あんな汚かった部屋が・・・・・・

  

 f:id:akitanakanisi:20170916041432j:plain

 

  かなり綺麗になってきた。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916041536j:plain

 

   あんなに汚かった机の周りが・・・・・・

 

 f:id:akitanakanisi:20170916041911j:plain

 

   ピッカピカに。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916042027j:plain

 

 あんな汚かった机が・・・・・・

 

 f:id:akitanakanisi:20170916042312j:plain

 

   ピッカピカに。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916042415j:plain

 

    あんな汚かった絶望的な部屋が・・・・・・

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916042532j:plain

 

 f:id:akitanakanisi:20170916042629j:plain

 

 光が差すレベルに・・・・・・

  

 f:id:akitanakanisi:20170916042748j:plain

 

  見てくれ。

 

 f:id:akitanakanisi:20170916043008j:plain

 

   この様変わりを・・・・・・

 

 f:id:akitanakanisi:20170916043126j:plain

 

 

 f:id:akitanakanisi:20170916043154j:plain

 

 ちょ・・・・。なにこれ。なんか、すごいことになっちゃったんだけど。やばくない。なんか、すごい ノマドワーカーって感じぷんぷんするんだけど。意識たかくない? もうヤバイ。ヤバイヤバイ。来年くるって、いやマジで、これ。絶対くるって。2017年。いよいよ私の「本気」を出す時が来たようだ。いよいよ私の「本気」を見ていただこう。みんな。期待していてくれ。この部屋に、来年もがんばって引きこもるぞ!

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法