アメーバピグでヤクザと戦った結果・・・③

       

             f:id:akitanakanisi:20180227215634j:plain

 

         はい。ひさびさのアメーバピグヤクザ」編再開である。   

         ひさびさっつうか、だれも覚えてないだろうが。

        

f:id:akitanakanisi:20180225235831j:plain

  アメーバピグの連戦連敗の「ナンパ生活」から足を洗った私はピグの退屈な毎日に舞い戻り完全にマンネリ状態に陥っていた。が。そんなとき絶妙なタイミングで、わたしをマンネリから救い出してくれたのが・・・

       

f:id:akitanakanisi:20180226000004j:plain

            この「ヤクザコミュニティ」であった。 

 

f:id:akitanakanisi:20180226000217j:plain

 入ってすぐにヤクザ達のその「驚異的」ともいえる上意下達の組織を私は垣間見ることになった。

f:id:akitanakanisi:20180226000618j:plain

  まずヤクザの基本。
  それは新人募集。すなわち「勧誘」である。

 

f:id:akitanakanisi:20180226000739j:plain

 ヤクザたちは毎週土曜日になると新人勧誘のために「ヤクザ募集」のイベントを開く。

 

 f:id:akitanakanisi:20180226001112j:plain

 そして若手のチンピラをいっぱい集め・・・・。

 

f:id:akitanakanisi:20180226002143j:plain

 「準構成員」として成員に加える。

 そして厳しい修行期間を経て親分に認められると・・・

  

f:id:akitanakanisi:20170928100809j:plain


 ヤクザ達は親分から「正装」を義務付けられることになる。

            
 

 f:id:akitanakanisi:20170928100858j:plain
  

 そしてヤクザとしての「品格」、極道の「筋目」を先輩組員から教わりヤクザ的な「貫禄」「オーラ」を内外にアピールすることを求められる。これが新米ヤクザ達に貸された第一のミッションだ。

 

 f:id:akitanakanisi:20170928101104j:plain

 そしてヤクザたちは、やがて「直系組長」として名乗りを上げるのだ。

 

 f:id:akitanakanisi:20170928101230j:plain

 

 ヤクザ達は「直系組長」として親分に認められるとピグヤクザ同士の「出世争い」に参加するのである。

 

 f:id:akitanakanisi:20170928101517j:plain 

 

 そしてヤクザ同士「組長」を目指すためにお互いにシノギを削りあうのだ。

 

  f:id:akitanakanisi:20170928101609j:plain

  

  これがピグヤクザたちの苛烈な競争原理だった。

 

  f:id:akitanakanisi:20170928101728j:plain

 

   そんなヤクザ達を仕切る最高幹部の一人が、こいつだ。

   この頭が禿げ上がったこのおっさん。

   ピグヤクザの最高幹部。通称「キチ兄さん」。

 

 f:id:akitanakanisi:20170928101938j:plain


 ピグで横行しているネット犯罪は、大体コイツがやっている。と言われるほどピグでダントツのワル坊。典型的な武闘派ヤクザだった。    

  とにかくコイツはワルだった。どのくらいワルかというと

 

 f:id:akitanakanisi:20170928102122j:plain

  プロフィールの自己紹介文が完全にペニーオークションという

           自己紹介文が既に「犯罪的」という凄いヤクザだった。


 「組長になりたい」と伝えると、こいつに「ちょっと来い」と部屋に呼ばれ・・・

 

 f:id:akitanakanisi:20170928102334j:plain 

 f:id:akitanakanisi:20170928102457j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928102559j:plain

  

  f:id:akitanakanisi:20170928102703j:plain 

     

  f:id:akitanakanisi:20170928102927j:plain

 

  f:id:akitanakanisi:20170928103013j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928103054j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928103140j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928103222j:plain

  f:id:akitanakanisi:20170928103309j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928103350j:plain

  f:id:akitanakanisi:20170928103443j:plain

 


  「ああ。でも誠意ってなんだって思うだろ?」

 「はい」

 

  f:id:akitanakanisi:20170928103554j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928103642j:plain  

  f:id:akitanakanisi:20170928103905j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928103959j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928104038j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928105355j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928105452j:plain

 
   こんな脅迫ヤクザが、わが物顔で組織を牛耳っていたのである。

  

  f:id:akitanakanisi:20170928105612j:plain

 

 俺はしんたと「このヤクザは一体何が目的なのか」と話し合った。

 ヒマつぶし。あるいは遊び感覚か。

 ミステリアスな生態を暴こうと、いろいろな可能性を話し合った。

 

  f:id:akitanakanisi:20170928105709j:plain

  

 そして結果的に「潜入捜査するしかない」に至ったのだ。


 

  f:id:akitanakanisi:20170928105808j:plain

  しかもアメーバピグの世界にはヒマを持て余した中年男性たちの心のオアシスソー○ランド」が無数に存在しており、そのソー○ランドの経営を裏で握っているのが・・・

               

  f:id:akitanakanisi:20170928105922j:plain

                    

                 このヤクザ達だったのである。
 
 

  f:id:akitanakanisi:20170928110235j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928110404j:plain

  f:id:akitanakanisi:20170928110450j:plain

  f:id:akitanakanisi:20170928110530j:plain  

  f:id:akitanakanisi:20170928111035j:plain  

  f:id:akitanakanisi:20170928111139j:plain

 


 「早ええええええええええええええええええええええ」

  

  f:id:akitanakanisi:20170928111356j:plain 

  f:id:akitanakanisi:20170928111452j:plain

 

   「ソー○ランド」も存在する。

   私は、このリアル感に、心を奪われた。

 

  f:id:akitanakanisi:20170928111628j:plain

 

 このヤクザ達は、一体どうやって、ここまで巨大な組織に発展したのか。

 このヤクザたちの生態をもっと詳しく解明したいと思った私は、このヤクザたちの普段の日常を克明にブログにアップしたいという欲望がわいてきたのである。

 

  f:id:akitanakanisi:20170928112104j:plain 

 

  そして・・・ 

  

  f:id:akitanakanisi:20170928112153j:plain  

  f:id:akitanakanisi:20170928112405j:plain  

  f:id:akitanakanisi:20170928112522j:plain  

  f:id:akitanakanisi:20170928112621j:plain

  

 ソー○ランドにもハマってしまった。

 「こんなソープランドを自分も経営してみたい」という気持ちがムクムクと湧いてきたのだ。


  

  f:id:akitanakanisi:20170928112730j:plain

           

  さっそく親分に「直系組長」として認可を申請。

 

  

  f:id:akitanakanisi:20170928112903j:plain

                

    しんたと二人で「怒離威組」を結成

                    (ドリイ・グミ)

  

f:id:akitanakanisi:20170928113313j:plain


 そしてここからヤクザたちの「権力の座をめぐる」地獄のような内部抗争に巻き込まれていくのである。

   
             アメーバピグでヤクザと戦った結果④へと続く・・・・・