万引き家族が想像以上に絶望的な映画だった件。

 

 カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した「万引き家族」を先日初めて見た。受賞した後で「日本の恥」とか「カンヌは反日」とか言われ散々な目に合った本作だが、逆に見たくなった私は、やっと休日に映画館で見る事ができた。
 で、感想を言おうと思うんだが。万引き家族、最初見た感想を言うと実は微妙に複雑な気分で、今もラストの解釈に戸惑っていて、グダグダ悩んで少し感想に困っている所が正直ある。けっこう難しい映画だったんだよね。
 まー最初にいいところを言っていくとね。今回もやっぱり是枝作品の貧乏描写が凄かったわ。なんかいきなり冒頭で樹木希林がご飯食いながら爪切りしてるでしょう。
 あんなところとか、うわー、オープニングから飛ばしてきたなあ!って感じがして笑ってもうたもん。あと、そうめん食うシーンとかな。なんかそうめん食うときにさ、横にトイレットペーパーとかおいてあるやん。ティッシュペーパーじゃなくて、あそこをあえてトイレットペーパーってとこが、すっげー貧乏くさいねん。 あとやっぱり安藤サクラさん。彼女はスゴいと思うわ。なんていうかな。失礼な言い方になるけど、こんなに貧乏な平屋が似合う女優っておらんわ。とくにベルト投げるシーンとかな。安藤サクラの「貧乏な家に居そうなマイルドヤンキー感」が凄すぎて映画のフィクション性をはるかに超えてましたね。役者人はみんなすごくてね、樹木希林なんか先日亡くなっちゃったけどスゴすぎて怪演というレベルを超えて、もう妖怪みたいになってましたね。人間じゃない何かになっていた。
 まぁ、ここら辺は今までの是枝作品としては普通に及第点は取れるんだけど、問題は作品の後半や。オレはな、この作品てっきり「万引き家族に引き入れられた少女が万引き家族との出会いを通じて成長するみたいなゆるいホームドラマ」を予想してたわけ。うん。もう久々に泣く準備もしてきてん。ティッシュ持って。
 ところが見に行ったら、予想外に、これ複雑な映画やねん。例えば、樹木希林おるやん。あれリリーフランキーのお母さんじゃないねん。みんな血がつながってない家族って設定なんやな。樹木希林演じるおばあちゃんは、リリーフランキー演じるお父さんのパチンコ仲間やねんてw
 で、安藤サクラ演じるお母さんは、もともと飲食店のホステスをやっていて、そこで知り合った「客」がリリーフランキーやったんやな、で、安藤サクラの旦那が激しいDv男で、ボコボコに安藤サクラを殴るので、それを止めに入ったリリーフランキーがサクラの旦那を刺殺してもうて、それでどこにも行く当てがなくなった二人は樹木希林の家に夫婦としてころがりこんだ。っていうがあの夫婦の裏設定やねんて。
 で、あの安藤サクラ演じるお母さんは実は母親から虐待を受けていた人で、そのトラウマが変に歪んでもうて、他人の母親から「子供を奪う」ことで、(自分の母親)に復讐を果たす原動力になっている。というのがあの母親の行動原理やねんて。で、ここも映画ではまったく描かれてないねん。
 だから安藤サクラがラストで警察官に詰問されて泣くシーンも、あれも実は虐待を受けた母親が本当の母親になる努力に失敗して、ゆりも取り上げられ、もう二度と母親になれないことを悟った涙やねんて。こういう部分もな、まったくわからへんねん。映画見ただけだと。ここらへんの登場人物の裏設定は小説版「万引き家族」にすべて書かれているので、コレ必読です。
 だからね。見たあと「泣けたー」とかゆる~い感動に浸れる映画ではなくて、ものすごい複雑な裏設定がある、そういう難しい映画やってん。
 まぁそこらへんは作家性の部分やからええんやけど。問題は、ラストや。俺はな。これ見たとき、びっくりしてもうてん。映画見終わった後、うそーーーーーん!!!って口あんぐりなってもうたで。コレどうしたらええの、みたいな。
 一言でいうと、後味悪すぎ。万引き家族。後味悪すぎでしょ!!!コレ。
 なんていうかな。血のつながらない家族は解体されて、子供を虐待するような「本来、解体されなければならない家族」は温存される。ってラストやねん。とっても後味が悪いと思ったんやな。
 いろんな意見はあるだろうけど、オレは、このラスト、なんか嫌やねん。
 いや、普通に、ラストに万引き家族が少女を救ってやる的な展開でよかったと思うんやけど(万引き家族のキャラ的にゆりの虐待を警察に報告しないのもおかしいし)。なんか作為的なものを感じて、このラストは、ちょっと残念でしたね。どう受け止めいいのか、よくわかりませんでした。困惑だけが残った。
 で、面白いのは、万引き家族もけっこう薄情なんだよね、樹木希林が死んでも葬儀代を気にしたり、万引きで捕まった息子が保護されたら逃げようとするし、家族を装いながら利害・損得を優先させる共同体として描かれる。一方で子供を虐待する家族が存在する。さて「どちらが家族としての成立要件を満たしているのか」と観客に問うてくる映画なのだが、是枝さんは子供を虐待してベランダに追い出す家族よりも、子供にちゃんと衣食住を与えるほうが家族なんだ、と描く。そういうことを、なんとなく端々に感じる映画でした。
 でもかなり複雑な感情を呼び起こす映画なので、気になった人は、映画館でじかに確かめてみることををオススメする。

 

 

 

万引き家族【映画小説化作品】

万引き家族【映画小説化作品】